AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGAの特徴】

AGAは病気ではない

最近では、テレビCMでも、AGAの治療をよく見かけるようになりました。
しかし、実は、医学的にはAGAは病気という扱いではないのです。
その理由は、AGAは、男性ホルモンの影響による髪の毛の生理的な変化であり、医学的には、頭皮の個性とみなされるからです。
このことを例えていえば、あなたが男性ホルモンの影響で胸毛が多く生えたので、お医者さんに診てもらっているのと、まったく同じことなのです。
医学的には、男性ホルモンの働きにより、体の部位により、毛が薄くなったり、 濃くなったりするのは、ごく当たり前の現象であって、決して病気ではありません。
そもそも、医療とは、身体の機能や形状が悪化した状態を治癒することですので、「抜毛・薄毛・ハゲ」というのは、病気ではなく、単なる「状態の変化」に過ぎないのです。
このことは、あなたにとって、どういう影響があるかといえば、あなたのAGAは、命に別状はなく、体調にも何ら影響を及ぼさない状態の変化に過ぎないため、保険の利く病気ではなく、自由診療となるのです。
一方、同じハゲでも、円形脱毛症や慢性休止期脱毛,膠原病や慢性甲状腺炎などの全身性疾患に伴う脱毛などは、明らかに病気とみなされます。
あるいは、ストレスや急激なダイエットなどの消耗性疾患に伴う脱毛などは、紛れもなく病気と看做されます。
つまり、AGAは自由診療で、円形脱毛症は保険診療という分類になります。
自由診療とは、厚生労働省の指定する保険適応の疾患の中には含まれていない疾患を指し、各医院が独自に料金を決めてその診療をおこなうことになっています。
そのため、自由診療の世界では、美容整形や包茎手術、レーシック手術などに見られるように、医者の裁量で自由な治療費を設定することができるわけで、しばしば、患者さんとの間でトラブルに発展することがあるのです。

▲このページの上部へ