AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGAのからくり】

ヘア・サイクルとは?

そもそも、髪の毛は、成人の場合、約10万から15万本が生えており、 そのすべてが、生まれて、伸びて、抜け落ち、再生する、という、ライフサイクルを繰り返しています。
髪の毛の寿命は、一般的に男性で2〜5年、女性で4〜7年と言われており、健康であれば、5〜7年の寿命となっています。
髪の毛のライフサイクルは、それぞれの段階ごとに、姿や状態が変化します。
最初の「成長期」は、2年〜7年ほど続きます。
その期間に成長すると、やがて、毛根部の細胞分裂がストップし、毛は棍棒状(棍毛)となります。
同時に毛根は、徐々に皮膚の表面に押し上げられ、約2〜3週間の「中間期」 (退行期)に入り、その後、休止期(2〜3ヶ月)を経て、やがて抜け落ちます。
この状態で、髪の毛は一旦、生産活動をやめ、4〜6ヶ月間の休憩を取ったのち、 また新しい成長期の毛になり、再生を開始します。
こうした一連の周期を繰り返す現象を、「毛周期(ヘア・サイクル)」と呼んでいますが、いわば、これが「髪の毛の一生」ですね。
「成長期毛」は非常に強靭で、70〜80グラムまでの引力に耐える力を持っていますので、洗髪やブラッシング程度で力では、抜けてしまうことはありません。
しかし、休止期になり、毛頭部が元の2/3以下まで短くなりますと、軽く引っ張っただけで、スッーと抜けてしまうようになります。
このヘア・サイクルの中では、健康な人の頭髪でも、1日に100本ぐらいの髪の毛が、その寿命を終えて抜けていっているのです。
このようなヘアサイクルを髪の毛にまっとうしてもらうためには、身体のみならず、メンタルな面においても、健康であることが大前提となります。
特に、ストレスは髪の毛のヘア・サイクルに深刻な影響を与えますので、溜め込まないように注意すべきです。

▲このページの上部へ