AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGAのからくり】

AGAの進行パターン

AGAの進行には、いくつかのパターンがあります。
まず、その初期段階は、前額部か、頭頂部のいずれかから、または双方から薄くなっていきます。
このプロセスは、ハミルトン・ノーウッドの分類法で解説されており、これが 医療現場では、AGAの進行を判定する指標として用いられています。
AGAの脱毛部には、「DHT(ジヒドロテストステロン)」が、高濃度に分布しており、これがヘア・サイクルにおける「成長期」を短くする原因物質と考えられています。
「成長期」が短くなると、髪の毛が長く太く成長する前に、抜けてしまいますが、その結果、髪の毛が十分に育たず、細い短い毛が多くなると、全体として 毛の数は減りませんが、どんどん細くなって、薄毛が目立つようになります。
AGAの進行パターンが分かると、今の自分の状態を把握することが出来るようになり、毎日の生活の中での抜け毛の状態がチェックできます。
もし、自分の頭髪に、AGAの予兆を感じたら、試しに、頭頂部や生え際の薄くなりはじめた部位の髪の根元辺りを何本か抜いてみましょう。
抜いた髪の毛の中に、細く短い髪が目立つようでしたら要注意で、。
至急、対策を講じる必要があります。
通常の場合、正常な抜け毛は、根元が膨らんで、マラカスのような形状になっているものですが、異常な抜け毛の場合は、先細りのゴボウ状になっています。
これは、髪の毛のライフ・サイクルの中で、最も元気のある「成長期」の段階であるはずの髪の毛が、「退行期」から「休止期」の状態になっていることを意味しているのです。
近年、こうした症状は増えており、AGAの発症は、軽症の人も含めると,30代で約10%,60代で約50%、平均で30%と、なっているのです。

▲このページの上部へ