AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGA対策】

ヘアチェックの罠

「ジヒドロテストステロン(DHT)」という男性ホルモンには、抜け毛(軟毛化)ばかりではなく、皮脂腺活性も亢進させる作用もあります。
AGAは、思春期以後に増加した男性ホルモンの作用によるものですが,男性ホルモンの増加は、同時に脂腺も増大させてしまいます。
それゆえ、分泌される皮脂も増加し、AGAの人は皮脂過多になりやすい体質となり、「脂漏性脱毛症」の合併となっている人もすくなくありません。
このように、AGAにおける軟毛化と、皮脂増加(脂漏)は。
同じ原因によりもたらされた2つの症状となっています。
それゆえ、発毛専門サロンなどで行われている、頭皮の表面をマクロレンズで拡大して、ディスプレイで見せるサービスでは、頭皮の汚れを強調しています。
頭皮のアップを見せられれば、誰の頭でも、多少の皮脂や老廃物が存在している状況は当たり前なのですが、そうしたサロンでは、これらの皮脂や老廃物などが「角栓様物質」という脂の固まりになり、それが毛穴が詰ることにより、毛髪の成育を妨げていると説明します。
そして、毛穴が詰ると毛乳頭が必要な栄養分を取り入れることができず、髪を支える毛根の固着力が低下することがあるので、頭の脂を取るサービスを進めたりします。
たしかに、このサービスは、非常に気持ちが良く、頭皮はサッパリしますが、 実は、こうした皮脂や老廃物の成分が、必ずしも毛の成長を抑制するというわけではありません。
例えば、ホームレスの人には、以外に髪の毛はぼうぼうの人が多かったりするわけで、結論からいえば、「皮脂が多い人がAGAになる」のではなく、「AGAの人には、皮脂が多くなる」という、結果論に過ぎないのです。
従いまして、ヘアチェックを受けた際には、自分の頭皮の映像を見ても、驚く必要はまったくないのです。

▲このページの上部へ