AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGA対策】

AGA対抗薬

AGAの原因が、男性ホルモンの作用による以上、その対策は、頭皮の男性ホルモンの動行を制御することになります。
具体的には、AGAの治療法としては、全身用の「抗男性ホルモン」、「局所用エストロゲン(女性ホルモン)」、「5αリダクターゼ酵素に対する抑制剤」などを使用する広範囲の治療方法が開発されています。
それゆえ、ほとんどのAGAの治療剤は、「抗男性ホルモン」と分類されます。
現在利用されている「抗男性ホルモン」は、テストステロン、あるいはDHT が対応するレセプターと結合することを阻止する作用を持っているものです。
その代表選手が、「プロペシア」です。
この薬は、もともと、良性の前立腺肥大症の治療および緩和に使用されていた米国メルク社の「プロスカー」という商品でした。
ところが、この薬の中には、男性ホルモンと反応する酵素の働きを阻害する「フィナステリド」という成分を含まれていたことから、1997年12月22日に、「プロペシア」という製品名で、AGAの治療として米国食品医薬局(FDA)に正式に認可された経緯があります。
この「プロペシア」が発売されると、「最強の発毛剤」と評判を呼び、世界50ヶ国以上で売られるようになりました。
日本国内でも、2005年12月14日より「プロペシア」という商標名で発売が開始されるようになりました。
脱毛を引き起こす原因は、男性ホルモンの「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」という変換酵素の働きで、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変換されることに起因することが解明されています。
この「プロペシア」は、「5αリダクターゼ」の働きを抑制することにより、脱毛を防ぎ、発毛を促進する経口発毛剤として、多くのAGA患者の支持を集めたのです、

▲このページの上部へ