AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGAの特徴】

AGAは生活習慣病

広い意味で、「ハゲは遺伝する」と言えるわけですが、それは「ハゲる遺伝子が 存在する」という意味ではなく、「ハゲる体質を伝える遺伝子」が確実に存在しているという意味です。
このことは、たとえば、まず、祖父や父親と同じ体質を遺伝的に受け継ぎ、同じような生活環境の中で、同じような生活習慣をもっていると、身体的特徴も 同じように現れてくるということです。
その意味では、ハゲは先天的要因よりも、後天的要因によって、引き起こされることが多いといえるかと思います。
この状況は、「糖尿病」の体質遺伝によく似ています。
「糖尿病」は、もちろん、先天的な要因によって引き起こされる例もありますが、ほとんどの場合、「生活習慣病」と呼ばれるように、後天的な要因によって 発症することが大半です。
事実、喫煙や飲酒、大食いやカロリーオーバーのほか、睡眠不足やストレスなど、肝臓やすい臓などの臓器に負担を掛けたり、生活が不規則だったりした場合、遺伝子の有無に関わらず、誰でも糖尿病になるリスクはあります。
AGAの場合も、これと同じで、せっかく、ハゲない体質を受け継いでも、本人の生活が不規則だったり、タバコや大酒などの生活習慣により、ハゲを引き起こす体質になってしまえば、結果的にハゲてしまうということもありえるのです。
最近は、メタボ対策とか、カロリーコントロールなど、「生活習慣病」に対するケアが叫ばれていますが、実は、そうした対策は、体内の臓器のみならず、頭髪に対しても極めて有効なケアであることを理解すべきです。
現代人の生活は、普通に暮らしていても、「生活習慣病」に陥るリスクがありますので、その対策には、AGA対策も含まれていると思って、励行するようにしましょう。

▲このページの上部へ