AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGAの基礎知識】

ハゲは遺伝するか?

世間には、「ハゲは遺伝する」と言う俗説があります。
実際に、先祖代々の写真を並べてみると、薄毛のパターンが驚くほど似ている例もよくあります。
では、ハゲは遺伝するのでしょうか? 実は、最新の研究では、ある特定の1つの遺伝子によって、ハゲ(脱毛症状)が引き起こされるという可能性は、極めて低いということが判明しています。
このことは、ある特定の遺伝子が存在することの影響により、その遺伝子を受け継いだ家系の人の頭がハゲることは起こりえないことを意味しています。
しかしながら、脱毛や薄毛という症状は、体内の何らかの要因が、まるでドミノ倒しのようにつながって引き起こされる結果でもありますので、直接的な原因でなくても、さまざまな複合要因が重なって、起こってしまうことはありえます。
このような脱毛や薄毛症状のドミノ倒しの一個目に相当する遺伝子を、生物学の世界では、「マスター遺伝子」と呼んでおりますが、こうした間接要因となる 「マスター遺伝子」の存在は、次第に明らかになってきているそうです。
そうした「マスター遺伝子」を受け継ぐということは、結果的にハゲる体質を 受け継ぐことを意味しますので、その状況を客観的に見れば、広い意味では、 「ハゲは遺伝する」と言えるのかもしれません。
たとえば、AGAを招き易い食生活があったとして、そうした食事を嗜好する 体質や味覚といったものは、育った環境もあることでしょうが、もともと、 受け継がれた遺伝子のなせる業ということも充分に考えられます。
つまり、AGAになりやすい体質や生活環境の嗜好を受け継いだ時点で、結果的に男系家系のハゲを受け継いだということになるわけです。
このことから、やはり、「ハゲは遺伝する」と言えるでしょう。

▲このページの上部へ