AGA(エージーエー)@ガイド:治療と費用・副作用


AGAに関する情報をご紹介

【AGAの基礎知識】

AGAとはなにか?

あなたがもし、脱毛や薄毛に悩んでいたとして、皮膚科などのお医者さんに 診てもらったとしましょう。
お医者さんは、おそらく問診などによって、あなたの脱毛の経過や家族の状況などを聴いた上で、採取的には視診によって、あなたのハゲを特定します。
もちろん、ハゲにもいろいろな症状や原因が多いわけですが、現在、もっとも多くみられるのは、AGAと呼ばれる「男性型脱毛症」です。
「男性型脱毛症」は、いわゆる“若ハゲ”のことで、英語名で(エージーエー:Androgenetic Alopecia=男性ホルモン性脱毛症)と呼ばれている通り、男性ホルモンの影響に起因することが多い症状です。
具体的には、額における髪の毛の生え際が後退し,前頭部と頭頂部の毛髪が細く短くなっているなどの症状があり、それが医者の診断基準となっています。
ちなみに、「米国脱毛会議」によれば、「すべての脱毛症状の中で、AGAは、実に95%を占めており、世代別にみれば、AGAの影響を受けている人は、30 歳以下の男性の30%、50 歳以上の人の50%以上に及んでいるそうです。
最近は、10代のうちから抜け毛や薄毛に悩む高校生もいたりするように、発症の弱年齢化も進んでいるようです。
さらには、「男性型脱毛症」という名の示す通り、男性にのみ起こると広く信じられているAGAですが、実は、女性にも発症するのです。
薄毛や脱毛という症状は、外見の衰えばかりでなく、患者本人の心理状態や、 気持ちの有り様にも極めて重大な影響をもたらします。
たとえば、何をするにも自分に自信が持てなくなったり、人前に出るのがおっくうになってしまったりします。
このように、いまや、AGAは『頭髪不安症候群』とも呼ばれるように、性別や年齢を超えた、深刻な現代病の一つとみなすべきなのです。

[リンク]マンション管理士での実績が多い転職サイトランキング

▲このページの上部へ